×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お腹に脂肪が付く原因

 

脂肪となったカロリーが溜まりやすい部位がお腹です。胸部は骨でガードされていますが、腹部については胃腸や子宮などが詰まっているにも関わらずガードするものがありません。お腹に脂肪が集中しているのは、骨がない代わりに内臓をガードしていると言えるでしょう。

また、何らかの理由でお腹の筋肉のたるみが出ると、そこに脂肪が蓄積されやすくなり、脂肪で膨らんだポッコリお腹ができることになります。普通に生活している限りではお腹の筋肉を使うことはあまりありません。そのため気が付くとたるみが出ていることがあります。お腹の周りに脂肪がつきやすい状態になると、ますます脂肪が増えていくことになってきます。

皮下脂肪や内臓脂肪など、脂肪がつく場所はたくさんあります。基礎代謝が元々高い若い頃には、体を動かす機会が多いので脂肪が萌えやすくなっているのですが、加齢とともに代謝は悪くなってきます。代謝機能が衰えれば内臓脂肪や皮下脂肪がつきやすくなり、ぽっこりお腹になってしまうのです。

皮下脂肪というのは内臓脂肪ほど運動や食事で燃焼されません。そのためダイエットは難しくなってしまいます。傾向として、女性は皮下脂肪を、男性は内臓脂肪を、それぞれ蓄積しやすい体質だといえます。男性は女性より腹筋があり、体脂肪は内臓脂肪になりがちなのでお腹ががっちりと太く見えがちです。体脂肪率が同じであれば、内臓脂肪をたくさん蓄積しているのは男性です。自分のお腹の脂肪は、皮下脂肪なのか内臓脂肪なのかまずは確認してみましょう。

 

プロがサポートするから痩せられる

 

どれだけ優れたダイエット方法でも、プロの指導なしに成功するのは難しいのです。
そこでお薦めなのがこの方法
SNSをベースに、プロの的確な指導が受けられます!!
痩せる体質改善をしたいのなら・・・

プロの徹底サポート付きダイエット法